東京のクリニックで埋没法を決意!思い通りの二重になれた

一重に近い奥二重で目が小さいのがコンプレックス

自分の目が嫌いで、それが大きなコンプレックスでした。
一重というわけではないのですが、一重に近い奥二重で目が小さいので貧相な感じです。
マスカラをすると、上のまぶたや下の部分にもついてしまうというのがあって、ウォータープルーフを使っているのにパンダ目になってしまったりと、アイメイクが思い通りにできないのも悩みでした。
もっと自分の顔に自信が持てるようになりたいと思った時に、やっぱり美容整形かなと思い始めたのは大学を卒業したあたりからです。
これから新社会人となるときに、やっぱりもっといろいろ楽しみたいし、自分の顔に自信が持てるようになれば世界も広がるのではと大きいことを言っているかもしれませんが、そんな思いがありました。
美容整形というと、一昔前だったら抵抗を感じる人も多かったかもしれませんが、今は友だちの間でも目を整形しちゃったと大学の中でも話を聞いたことがありましたし、意外と近くでもしている人がいたり、テレビやネットでも配信されていることもあって抵抗はそこまでなかったです。

でも目を整形するとなったときに、メスを使って切るというのだけはちょっと抵抗がありました。
麻酔をするから大丈夫という人もいますが、やっぱり切るというのは怖いです。
然し埋没法なら切る必要がないですし、ネットで得た情報ではありますが、まぶたのところを細い糸で留めるだけの簡単な感じの手術だったし、抜糸する必要もないのでメリットは大きいかなと思いました。

一重に近い奥二重で目が小さいのがコンプレックス東京の美容クリニックでカウンセリングを受けるメスを使わない埋没法の施術で満足の目元に